最新情報

日本企業7社 韓国南部・馬山海洋新都市への進出検討

2013年12月17日 16時33分

[聯合ニュース]

【昌原聯合ニュース】韓国南部の慶尚南道昌原市が開発を進める馬山海洋新都市の架浦地区に複数の日本企業が関心を示している。

同市は17日、コニカミノルタなど日本企業7社と架浦地区への投資意向書を締結した。

コニカミノルタのほか、海上輸送のセイノーロジックス、機械メーカーのオプトンと中小企業4社は同地区の20万9000平方メートルを工場や物流倉庫の用地として使用する意向を示した。

その他
ページトップへ戻る