共同革新都市の建設構想

革新都市とは

「革新都市」とは、ソウル市内にある公共機関を地方に移転し、市内にある機関数を減らすことで、地域の発展を図るとともに、産官学の連携をより一層強化し、革新的なプロセスを導入するといった目標を組み合わせた都市のことをいう。

そのため、175の公共機関が首都圏から地方に再配置され、85%の首都圏の集中率が35%に減少する。

地方に新しく配置される期間は、地方の大都市や近郊に移転し、移転された地域で13万人の雇用創出と13兆ウォンの経済効果をもたらすとy舗装されている。

2014年になると新築ビルも完成し、移転も一段落する。

革新都市
ページトップへ戻る