沿革

三韓時代

  • 馬韓の54ヶ国中の不弥国であったと推定されており、百済時代には発羅・通義と呼ばれた。

統一新羅

  • N錦城郡(一名、錦山)と呼ばれたが、903年(孝恭王7)に羅州と改称され後三国時代には後百済の領地であった。

高麗時代

  • 983年(成宗2)に全国12牧の中のひとつとして羅州牧が設置され、995년(成宗14)には兵馬節度使を置いて軍隊の称号を鎮海軍とした。
  • 1011年(顕宗2)の契丹の侵入でしばらく非難王都となり(期間1011年1月13日~1月31日まで)、 1018年に全国の8牧中のひとつの羅州牧となり1895年まで続いた。

朝鮮時代

  • 1895年(高宗32)5月の甲午更張の後、近代的な地方行政制度の改革に伴い牧使と右営将をなくし、羅州郡守を置き羅州観察府を設置した。
  • 1896年8月4日に全国を13道に分ける際に、観察府が光州に移された。

1990年代以降

  • 1914年、羅州郡と南平郡が合併して新・羅州郡が成立し、1995年1月1日 羅州郡を統合。
    羅州市に名称変更。
    全羅南道の西南部、栄山江流域の羅州平野に位置する。
    北は光州広域市、東は和順郡、南は霊岩郡、西は務安郡、咸平郡と接する。
羅州市の紹介
ページトップへ戻る