サポート事業(食品産業研究センター)

バイオ食品技術を全羅南道発展の核心戦略事業として選定し、優秀生産基準(GMP : Good Manufacturing Practice)に沿ったインフラの提供で、バイオ企業の研究、開発、テスト生産及び製品生産サポートします。

対象企業

バイオ産業企業・バイオ産業に関連する新規事業起業者
バイオコンサルティング業者・センター長の認証を得た企業

研究・開発・生産までの技術支援

健康機能食品の製造管理基準(GMP)指導補助
食品医薬庁承認、特許取得、規格認証のための指導補助
健機能性食品素材を扱う企業の新製品開発および生産支援
需要者に合わせた品質管理支援
健康機能食品の加工事業および製造のOEM.ODM事業

サポート事業(食品産業研究センター)概要

位置 羅州市 羅州一般産業団地内
事業規模 敷地33,000㎡・建築面積9,684㎡
主要施設 行政棟、企業保育室、研究室、GMP生産工場、カフェ、セミナー室、会議室など
生産施設 飲料ライン、発酵ライン、健康機能食品ライン、原料素材機工ラインなど 4.500㎡
保管倉庫 資材保管倉庫、完成品倉庫、原料保管倉庫など333㎡
品質管理 微生物実験室、一般実験室、機器分析室、理化学実験室、前処理室など428㎡
羅州誘致事業
ページトップへ戻る